このページを 
 
 
 『季穂の粉で創る』 手作り餃子の皮 
  約40個分
  季穂 地粉シリーズ 300g 
    (作りやすいのは強力粉ですが、味のある皮を作りたいなら中力粉が最適です。)
  打ち粉・水150ml 
  めん棒(10cm〜15cm) ボール
     
   
1.
 
2.
 
3.
 
           
下に大きめのボウルを置き、万能こし器に小麦粉を入れてふるう。   水を何回かに分けて加えそのつど菜箸で混ぜあわせる。   生地に粘りが出てまとまりだしたら、全体に水分を吸った証拠。手で丸めるように混ぜる。  
4.
 
5.
 
6.
 
           
ボウルからしだいに粉がはがれるようになるまでこねる。
  ボウルの底についた粉をこそげ取るようにひとつにまとめる。
  台に打ち粉をふり、生地を手のひらで押しながら空気を抜くようにこねる  
7.
 
8.
 
9.
 
           
手の付け根に、体全体の重心をかけてこねるのがコツ。   全体にまとまったら、中に乾いた粉が残っていないか生地を広げて見る。   生地がまとまってなめらかになったら、よく絞ったぬれ雑巾で包み、20〜30分そのままねかせる。  
10.
 
11.
 
12
 
           
台に薄く打ち粉をし、ねかせた生地をのせる。   生地を折るように広げてみて、中まできめ細かくなっていればよい。
  手のひらで、力強くこねる。広げては折りたたみ、耳たぶのやわらかさほどになり艶が出るまでこねる。  
13.
 
14.
 
15.
 
           
打ち粉をしながら生地をまとめ、楕円形に整える。
  縦半分に切り、さらにそれぞれを縦半分に切る。   手のひらでやさしく転がしながら直径2cmの棒状にする。
 
16.
 
17.
 
18.
 
           
棒状の生地を各10等分に切り分ける。時間がたつと皮が乾いてしまうので、切った生地はかたく絞ったぬれぞうきんをかけておく。
  切り口がくっつきやすくなるので、打ち粉をしながら、ひとつずつ手のひらでおす。
  めん棒を転がして生地をのばす。
 
19.
 
20.
     
           
左手で生地の端を持ち時計回りと反対に少しずつ回しながら、右手で麺棒を使い、時計回りに転がして薄く延ばす。

  左右の手をリズミカルに動かしながら、直径8cmほどにのばす。