このページを 
 
 
     
     
     
      
 
  (4人分)
   
  干しうどん、もしくは生うどん・・・300g
  ゆずの皮・・・1個分
  もろきゅう・・・1本
  こぶの木の芽だき(市販)・・・適宜
  つけ汁・・・カップ2
 
     
   
 
   
1. うどんはたっぷりの熱湯にさばき入れ、1〜2回差し水をしてほどよいかたさに
  ゆで 上げます。手早くざるにあげて流水の下でもむように洗ってぬめりを取り、
  水けをきります。
   
2. ゆずの皮はせん切りにします。
   
3. もろきゅうは板ずりしてさっと洗い、長さを4等分して中をくりぬき、小口から薄く
  切ります。
   
4.
皿に@のうどんを盛り、ゆずの皮のせん切りを天盛りにして、もろきゅうの輪切りを
  散らします。
   

5.

わかめはもどして食べやすく切り、熱湯に通して水にとり、水気を切る。
   
6. ホタテ貝は汁気をきって粗くほぐす。
   
7.
干しうどん(生うどん)はゆで、手早く水洗いしてさらりとさせ、水気をよくきる。
   
8.
冷した器にFのうどんを盛りつけ、A〜Eの具を彩りよくのせ、いりごまをふる。
二つ切りのレモンと、別器でかけ汁を添える。


 
   
  盛りつける器をはじめ、かけ汁まで冷たくしておくと暑い日にはことにおいし
 
  く感じられる。うどんはゆでたものを求めるよりも、生麺か乾麺を食べる直前  
    にゆでるほうがずっと美味。味の手間は省かないで。